平均寿命を勘違い

沖縄県は長寿の県として有名ですね。
最近では全国的に平均寿命が延びています。

その「平均寿命」という言葉なのですが最近まで勘違いをしていました。
「平均」と付いているのでその年にお亡くなりになられた方の年齢を足してその人数で割って平均を出しているものと思っていました。

しかし実際は違っているようです。

平均寿命とは「その発表された年に生まれた人の平均余命」らしく、その年にお亡くなりになられた方とは関係ないと知りました。
誕生したばかりの赤ちゃんがどのくらい生きられるかというのが平均寿命と聞いたのでかなり驚きました。

どのように計算しているのかは分かりませんが未来の予想ですよね?

これからも医療などが進化してもっと平均寿命は延びて行くと思われます。
きっとそのようなことも考慮されて出されているのでしょうね。

言葉だけ聞いて勘違いしていたのですがこれを皆さん知っていましたか? 【スーキーさん】

沖縄旅行沖縄土産

【新規投稿】 | 最近の投稿 | 生活情報 | 沖縄の自然 | 旅行情報 | イベント参考情報

沖縄県情報 人気ブログランキング

沖縄情報沖縄観光情報沖縄イベント沖縄グルメ情報交換沖縄土産沖縄旅行情報


関連投稿

平均寿命を勘違い” への3件のコメント

  1. 現在生きている方の統計ではなかったのですね。
    どのように計算されているのか不思議です。

  2. 平均寿命の出し方には複雑な数式があったと思います。
    普通に考えたら毎年データを取って発表しているような気がしますよね。
    現在の高齢の方が生活習慣を改善したり適度な運動をして寿命を延ばしても平均寿命には反映されないのはどうかと思います。
    平均寿命という言葉ではなくもっと分かりやすい表現が良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">