干潟にいる透明な足の生物

沖縄の干潟で潮干狩りをしてる時に頻繁に見かける謎の生物について教えてください。
特徴は水たまりぐらいの浅瀬の場所で見かけます。
海水でできた水たまりの中をクラゲのような半透明で足のような物がニョロニョロと這うように伸びているのですが捕まえようとするとすごい勢いで砂に引っ込んでしまいます。
砂の中に本体がいるとは思うのですが掘っても見つけられませんでした。

何度か捕獲しようと試みたのですが、透明な部分を掴めても途中でちぎれてしまい本体を見ることができません。
透明な部分は帯状でとても薄くデリケートなんだと思います。

海の生物なので食べれるのでしょうか?
その謎の生物の正体が気になっています。 【風さん】

沖縄旅行沖縄土産

【新規投稿】 | 最近の投稿 | 生活情報 | 沖縄の自然 | 旅行情報 | イベント参考情報

沖縄県情報 人気ブログランキング

沖縄情報沖縄観光情報沖縄イベント沖縄グルメ情報交換沖縄土産沖縄旅行情報


関連投稿

干潟にいる透明な足の生物” への2件のコメント

  1. 海面で足をウネウネさせていて小さなタコを発見と喜んでいたら細いヒトデのような生物だったことがあります。

  2. タテジマユムシではないでしょうか?
    干潟などの砂地に生息しています。本体は砂の奥にいて地表に口を長く伸ばして有機物を食べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">